ボールペン型「ハーバリウム」を作ってみた

ハーバリウム

今話題の「ハーバリウム」について、過去に「作り方」や「材料費・購入場所」についてご紹介してきましたが、今回はちょっと変わったタイプの「ハーバリウム」を紹介したいと思います。

 

画像に写る指を見て分かると思いますが、作ったのは、もちろん嫁です(笑)

 

過去記事はこちらから

今話題のハーバリウム  初めてのハーバリウム作り。作り方と材料費について

 

今回ご紹介するのはボールペン型のハーバリウム。

必要な材料と作り方をご紹介します。

 

ボールペン型ハーバリウム

 

スポンサーリンク

材料

  • ボールペンキット
  • 花材(カスミソウ)
  • パーツ(クリスタル・パール)
  • オイル
  • スポイト
  • ピンセット
  • 竹串
  • ハサミ
  • 接着剤(無くてもOK)

作り方

ボールペンキットの洗浄

まずは花材やオイルを入れる本体「ボールペンキット」を洗浄します。

入れ物自体がとても小さいので洗いにくいですが、きれいに水洗いします。

水洗い後は必ず完全乾燥させて下さいね。

ハーバリウムにとって水は大敵です。

花材の腐食など保存期間に影響が出てしまいますのでご注意下さい。

今回使用する「ボールペンキット」は前日に洗浄し、丸一日乾燥させた物を使用します。

ボールペンキットの中に花材やパーツを詰める

今回用意した花材は「カスミソウ」とクリスタルやパールの「パーツ」です。

キット内全部に一気に詰めずに、まずは一番下の層にお好みの配置で詰めていきます。

小さなパーツや花材を使用しているので、一気にすべて詰め込むとオイルを入れた時に配置がバラバラに崩れてしまう事がありますのでご注意下さい。

オイルを花材がつかる量入れる

スポイトを使用して一番下の層に詰めた花材が浸かるまでオイルを入れます。

ここで若干パーツや花材が浮き沈みしますので、竹串を使用して調整ます。

花材を入れる、オイルを入れるを繰り返す

二層目、三層目、四層目と先ほどの手順を繰り返します。

ボールペンキット内に花材・オイルを入れ終わったら次の工程に移ります。

ボールペンキットの蓋を閉め接着剤で固定する

オイルがこぼれないようしっかり蓋を閉め、接着剤で蓋を固定します。

通常の瓶型のハーバリウムでは蓋に接着剤を使用する事は稀ですが、今回はボールペン型なので、ボールペンとして使用される事を想定し、振っても横倒ししても液漏れが起こらないよう接着剤にて蓋を固定しました。

完成

ボールペンキットの外装をはめれば完成です。

まとめ

どうですか、

少し繊細な作業もありますが割と簡単に出来るでしょ。

ハーバリウムのショップにアップすると、まとめ買いを希望される方もいるほど人気です。

手軽に出来るのでみなさんも作ってみてはいかがでしょうか。

最後に、今回使用した材料の費用を載せておきます。

材料費

  • ボールペンキット 1本あたり 350円
  • 花材(カスミソウ)  1本あたり 15円~20円
  • パーツ(クリスタル・パール)  1本あたり 10円~15円
  • オイル  1本あたり 20円~30円

今回使用した材料は手に入れやすく価格も安い材料でしたのでこれくらいで出来上がりました。

花材やオイルの種類によりかかる費用は変わってきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました